Now Loading...

2021.1.16

ジャニーズJr.制度改定に関するご報告

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、ジャニーズJr.の制度を一部改定いたしますことをご報告申し上げます。

はじめに、ジャニーズJr.の制度は、ジャニーズ事務所が目指すエンターテイメントに欠かすことができないアイドル・タレントの発掘と育成を目的に、ジャニーがプロデューサー人生を通して大切に築き上げてきたものでございます。現在に至るまで、その活動と運営においては、長年積み重ねてきた実績を踏襲してまいりました。その証がすでにデビューを果たしたタレント達であり、皆、ジャニーズJr.での活動を経て、今日に至っております。そして、皆様の温かいご支援のおかげで、ジャニーズJr.の制度が誕生した当時では考えられないほど多くのタレントがデビューし、多岐に渡る活動の機会をいただけるようになったことが、ジャニーズJr.達の日々の活動の希望となっております。

しかしながら、昨今においては、このような恵まれた環境であるが故に、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました。ジャニーより、このジャニーズJr.の制度を引き継いだ私達としましても、信念を守り、その原型を保ちながら、時代の移り変わりと社会情勢を的確に捉え、在籍したジャニーズJr.達の多様な未来を確保・尊重するために、次世代を担う若者の貴重な時間をお預かりする身として、ジャニーズJr.の在り方について検討を重ねてまいりました。
その結果、弊社としましては、ジャニーズJr.の活動は、アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返ると同時に、個人の適切な進路決定の確保といった観点からも、この度、ジャニーズJr.の活動において、一定の年齢制限を設けることといたしました。具体的には、満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただくことといたします。本制度は、準備期間を経て、2023年3月31日より適用いたしますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、現状において、上記適用開始日に22才以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人につきましては、すでにジャニーズJr.としての活動継続について弊社と合意させていただいております。

私達は、たとえジャニーズ事務所のアイドル・タレントとしての活動が叶わなかったとしましても、縁あってかけがえのない時間を共有することができたジャニーズJr.達の幅広い分野での活躍を心から願っております。現在のように、数ある進路の中からジャニーズJr.での活動を選んでいただけることに感謝しつつ、改めてジャニーズJr.の制度のあるべき姿に立ち返り、その活動をより活性化させることにつなげてまいりたいと思います。そして、仲間と支え合い、切磋琢磨する環境において、ジャニーズJr.達が人間的にも成長し、アイドル・タレントとして飛躍することができますよう、弊社としましても精一杯、努めてまいります。

この新たな年齢制限に関わる制度を導入したことにより、不本意ながらジャニーズJr.としての活動を継続することが叶わないメンバーが出てくる可能性がありますが、いずれにしましても「ジャニーズJr.に在籍してよかった」と思っていただけるような時間を共に過ごしてまいりたいと考えております。
そして、新たなタレントを生み育て、エンターテイメントを通じて皆様に幸せをお届けすることがジャニーの意思を受け継いだ私達の役割でございますので、これからもタレント・社員一丸となって、新たなエンターテイメントの創出と社業に励んでまいります。

今後ともご支援ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年1月16日
株式会社ジャニーズ事務所